京 都 ひ と り
歌 都倉あきお
作詞  喜多條忠   作曲 南こうせつ
1 冬の京都の街は ひとりが寒い
  恋の終りの 比叡おろし
  哲学の道 歩くふたりを見てた
  山吹の蕾には かすかな未練の香りです
  ふわ ふわ ふわ ふわり
  雪が降ってく


2 人の別れはいつも 心がちぎれ
  あかい夕陽が 胸に落ちる
  にぎわいの声 響く錦の市場
  鴨川のせせらぎに 白鷺ぽつんとひとりきり
  はら はら はら はらり
  京都ひとり


  寺町あたり 濡れた石畳には
  あの頃の 幸せが後ろ姿で遠去かる
  ゆら ゆら ゆら ゆらり 
  京都ひとり