夕 日 の 波 止 場
歌 富士三郎
作詩 水木かおる  作曲 藤原秀行
昭和39年
1 船が出たなら 悲しさに
  はり裂けそうな 女のこころ
  私の胸に あの人は
  二度と帰って 来ないだろ
  そんな気がする 夕日の波止場


2 待てと一言 云うのなら
  その一言に 女はいきる
  明日(あした)につなぐ 夢さえも
  残してくれず あの人は
  行ってしまった 夕日の海へ


3 ひとりぼっちよ 私って
  涙もかれた 淋しい女
  帰らぬ人を 待ちながら
  いっそこのまま 岸壁の
  石になりたい 夕日の波止場
 
index