山 蔭 の 道
歌 夏目露男
作詩 高橋掬太郎  作曲 飯田三郎
昭和31年
1 白樺そよぐ 山蔭の
  丘の細道 どこまでつづく
  あゝ君恋し 思い出の
  あの日につづく この道悲し


2 夕月あわく 浮かぶ頃
  青い湖 なぜ目にしみる
  あゝ君恋し 君去りて
  面影ばかり まぶたに悲し


3 ひとりで居れば 山蔭の
  風もわびしや 涙をさそう
  あゝ君恋し 胸に呼ぶ
  あの日は遠く しみじみ悲し