吹けば飛ぶよな
歌 夏目露男
作詩 東城寿三郎  作曲 渡久地政信
昭和29年
1 おおい どしたい 元気かい
  ネオンまたたく 街角は
  うれし涙の わくところ
  吹けば 飛ぶ飛ぶ
  飛ぶよな 仲間なら
  誰が離さりょ この腕(かいな)
  僕もやるから 君もやれ
  ポルカ唄って ポルカ唄って
  夜の更けるまで


2 そうさ そうだよ 若さだよ
  消えた恋では 更にない
  落ちる涙も 燃えている
  吹けば 飛ぶ飛ぶ
  飛ぶよな 真の底
  赤の他人が 知るものか
  僕も飲むから 君も飲め
  ポルカ唄って ポルカ唄って
  夜の更けるまで


3 おおい やろうぜ 見せようぜ
  明日を画いて 抱いて来た
  ダイヤモンドの 胸の中
  吹けば 飛ぶ飛ぶ
  飛ぶような 風情でも
  いつの何時まで こうじゃない
  僕も行くから 君もこい
  ポルカ唄って ポルカ唄って
  夜の更けるまで
 
index