波 止 場 し ぐ れ
歌 歌じい
作詩 吉岡 治  作曲 岡 千秋
昭和60年 
1 波止場しぐれが 降る夜は
  雨のむこうに 故郷が見える
  ここは瀬戸内 土庄(とのしょう)港
  一夜泊りの かさね着が
  いつかなじんだ ネオン町


2 肩に重たい 苦労なら
  捨てていいのよ 拾ってあげる
  ここは瀬戸内 土庄港
  のんでおゆきよ もう一杯
  浮世小路の ネオン酒


3 あれは高松 最終便
  グラス持つ手に 汽笛がからむ
  ここは瀬戸内 土庄港
  恋も着きます 夢もゆく
  春の紅さす ネオン町

index