白 虎 隊
歌 松みねお
作詩 島田磬也  作曲 古賀政男
昭和12年
1 戦雲暗く陽は落ちて
  孤城に月の影かなし
  誰が吹く笛か知らねども
  今宵名残りの白虎隊


2 紅顔可憐の少年が
  死をもて護るこの砦
  滝沢村の血の雨に
  濡らす白刃の白虎隊


  詩吟 南鶴ケ城を望めば砲煙あがる
     痛哭涙をのんで且彷徨す
     宗社亡びぬ我が事おわる
     十有九士腹を屠って斃る


3  飯盛山の頂きに
  秋吹く風は寒けれど
  忠烈今も香に残す
  花も会津の白虎隊
  花も会津の白虎隊