啼 く な 小 鳩 よ
歌 夏目露男
作詩 高橋鞠太郎  作曲 飯田三郎
昭和22年
1 啼くな 小鳩よ 心の妻よ
  なまじ啼かれりゃ 未練がからむ
  たとえ別りょうと 互いの胸に
  抱いていようよ おもかげを


2 旅ははるばる 涯(はて)ないとても
  呼べば届くよ 夜毎の夢に
  思い出したら 祈ろじゃないか
  つきぬえにしを 身の幸を


3 さらば 小鳩よ 心の妻よ
  瞳曇るな また逢う日まで
  帽子振り振り 後ふり向けば
  暁(あけ)の野風が ただ寒い