坊 が つ る 讃 歌
歌 かつかつ
. 神尾明正/松本征夫作詞
竹山仙史作曲
昭和53年 廣島高等師範寮歌
1.人みな花に 酔うときも
  残雪恋し 山に入り
  涙を流す 山男
  雪解の水に 春を知る


3.四面山なる 坊がつる
  夏はキャンプの 火を囲み
  夜空を仰ぐ 山男
  無我を悟るは この時ぞ


5.石楠花谷の 三俣山
  花を散らしつ 篠分けて
  湯沢に下る 山男
  メランコリーを知るや君


7.町の乙女等 思いつつ
  尾根の処女雪 蹴立てつつ
  久住に立つや 山男
  浩然の気は 言いがたし


9.三俣の尾根に 霧飛びて
  平治に厚き 雲は来ぬ
  峰を仰ぎて 山男
  今草原の 草に伏す
2.ミヤマキリシマ 咲き誇り
  山くれないに 大船の
  峰を仰ぎて 山男
  花の情を 知る者ぞ


4.出湯の窓に 夜霧来て
  せせらぎに寝る 山宿に
  一夜を憩う 山男
  星を仰ぎて 明日を待つ


6.深山紅葉に 初時雨
  暮雨滝の 水音を
  佇み聞くは 山男
  もののあわれを 知る頃ぞ


8.白銀の峰 思いつつ
  今宵湯宿に 身を寄せつ
  斗志に燃ゆる 山男
  夢に九重の 雪を蹴る