浮 草 の 宿
歌 加賀国一郎
作詩 服部鋭夫  作曲 江口夜詩
昭和31年 
1 汽笛がきこえる 港の酒場
  流れ流れる 浮草の宿
  お前も俺も 似たよな運命(さだめ)
  ねえさんあけなよ 俺らも呑むぜ


2 まつ毛がぬれてる 横顔見てたら
  捨てた女が 心に浮かぶ
  今更それが どうなるものか
  今夜はしんみり 語ろじゃないか


3 二人の身の上 流しのギターが
  聞いてごらんよ 唄って行くぜ
  一夜さ明けりゃ さよならあばよ
  マドロス暮しは せつないものさ


4 涙をふきなよ 港の酒場は
  夢もはかない 浮草の宿
  また逢う時が いつ来るじゃやら
  元気でおいでよ 達者でいなよ