あ あ そ れ な の に
歌 てんてん
作詞 星野貞志  作曲古賀政男
昭和11年
1 空にゃ今日もアドバルーン
  さぞかし会社で今頃は
  おいそがしいと思うたに
  あゝそれなのに それなのに
  ねえ おこるのは おこるのは
  あたりまえでしょう


2 どこで何しているかしら
  何か悲しい日暮どき
  想うはあなたのことばかり
  あゝそれなのに それなのに
  ねえ おこるのは おこるのは
  あたりまえでしょう


3 ひとり出ているお月様
  窓で見ているこのわたし
  とぎれとぎれの針仕事
  あゝそれなのに それなのに
  ねえ おこるのは おこるのは
  あたりまえでしょう


4 夜更けに聞える 足の音
  耳をすませば 胸が鳴る
  帰って来たかと 立ち上る
  あゝそれなのに それなのに
  ねえ おこるのは おこるのは
  あたりまえでしょう