港に赤い灯がともる
歌 小林 清
作詩 矢野 亮  作曲 八州秀章
昭和22年
1 暗い空だよ きらりと光る
  切れたテープか かもめの鳥か
  ああ港に 赤い灯がともりゃ
  のこる未練の すすり泣き


2 今日の出船は 東か西か
  ドラがしみ込む 俺らの胸に
  ああ港に 赤い灯がともりゃ
  海が恋しい 船乗りさ


セリフ
  「この街で今度こそ落ちつこうと何度考えた
  かしれねえが、あの海の呼ぶ声をきくと、な
  ぜかじっとしちゃいられねんんだよ。
  そりゃあ、俺だって岸壁にへばりつくことも
  あるんだが、やっぱりいつかまた広い海へ出
  ていってしまうんだ。
  あばよ!港よ陸よ
  明日はまた海へ行く」


3 歩みつかれて 錨をおろす
  なれた酒場の あの娘のえくぼ
  ああ港に 赤い灯がともりゃ
  せめてひと夜の 陸(おか)の夢 


index