東 京 五 輪 音 頭
歌 小林 清
作詩 宮田 隆  作曲 古賀政男
昭和38年 
1 ハアー (ソレ)
  あの日ローマで ながめた月が
  (ソレ トトントネ)
  きょうは 都(みやこ)の 空照らす
  (ア チョイトネ)
  四年たったら また会いましょと
  かたい約束 夢じゃない
  ヨイショ コリャ 夢じゃない
  オリンピックの 顔と顔
  ソレトトント トトント 顔と顔


2 ハアー (ソレ)
  待ちに待ってた 世界の祭り
  (ソレ トトントネ)
  西の国から 東から
  (ア チョイトネ)
  北の空から 南の海も
  越えて日本へ どんときた
  ヨイショ コリャ どんときた
  オリンピックの 晴れ姿
  ソレトトント トトント 晴れ姿


3 ハアー (ソレ)
  色もうれしや 数えりゃ五つ
  (ソレ トトントネ)
  仰ぐ旗みりゃ はずむ胸
  (ア チョイトネ)
  すがた形は 違っていても
  いずれおとらぬ 若い花
  ヨイショ コリャ 若い花
  オリンピックの 庭に咲く
  ソレトトント トトント 庭に咲く


4 ハアー (ソレ)
  きみがはやせば 私はおどる
  (ソレ トトントネ)
  菊の香りの 秋の空
  (ア チョイトネ)
  羽をそろえて 拍手の音に
  とんでくるくる 赤とんぼ
  ヨイショ コリャ 赤とんぼ
  オリンピックの 今日の歌
  ソレトトント トトント 今日の歌


index