愛と死をみつめて

 孫すずめ
作詞 大矢弘子  作曲 土田啓四郎
昭和39年
1 まこ・・・・
  甘えてばかりで ごめんね
  みこはとっても 幸せなの
  はかないいのちと しった日に
  意地悪いって 泣いたとき
  泪をふいて くれた・・・・まこ

 
2 まこ・・・・
  わがままいって ごめんね
  みこはほんとに うれしかったの
  たとえその瞳は 見えずとも
  ふたりでゆめみた 信濃路を
  せおって歩くと いった・・・まこ

 
3 まこ・・・・
  元気になれずに ごめんね
  みこはもっと 生きたかったの
  たとえこの身は 召されても
  二人の愛は 永遠に咲く
  みこのいのちを いきて・・・・まこ


index

<