背景http://www.suisai.net/

ふ る さ と 列 車
歌 富士三郎
作詩 小山敬三  作曲 船村 徹
昭和33年
1 ふるさとへ ふるさとへ
  汽笛鳴らして 汽車はゆく
  恋ものぞみも あこがれも
  みんなあきらめ ふり捨てて
  故郷へ帰る 汽車の窓
  赤い夕陽が さみしいぜ


2 さようなら さようなら
  駅のホームで 手を振って
  名残り惜しんで くれたひと
  濡れた瞳が おもかげが
  なぜかせつなく 目にうかぶ
  男ごころも 泣けるのさ


3 汽車はゆく 汽車はゆく
  青い月夜を 汽車はゆく
  捨てていくとせ 帰らない
  母がまつだろ ふるさとを
  夜汽車の窓に しみじみと
  思い出すのさ しのぶのさ