十国峠の白い花
歌 夏目露男
作詩 石本美由起  作曲 宮田東峰
昭和36年
1 旅の乙女の 悲しい恋に
  雲も泣いてる あかね空
  ああ 箱根に残る 思い出を
  こころに唄う 風の声
  夢よさよなら 十国峠


2 スカイラインの 観光バスに
  君と揺られて 越えた丘
  ああ あの日の恋は この世から
  はかなく消えた 遠い虹
  夢よさよなら 十国峠


3 伊豆の旅路も 日暮れの中に
  消えて淋しい 峠道
  ああ さまよう頬に 散りかかる
  涙のような 白い花
  夢よさよなら 十国峠

index