夕 日 は 落 ち て
歌 夏目露男
作詩 久保田宵二  作曲 江口夜詩
昭和11年
1 荒野の涯に 日は落ちて 
  遙かまたゝく 一つ星
  故郷すてた 旅ゆえに 
  いとしの黒馬(あお)よ さみしかろ


2 七つの丘も 越へたれど 
  湖(うみ)のほとりも さまよへど
  朝霧夜霧 暮れの鐘 
  やさしきものは 風ばかり


3 夕日は落ちて たそがれを 
  今日もとぼとぼ 旅がらす
  恋しき君よ 思ひ出よ 
  いつの日幸福(はる)は めぐるやら


4 名もなき花も 春を知り 
  山の小鳥も 歌を知る
  何ゆえ悲し 人の子は 
  荒野の涯の 曇を見る
   (つづけて)
5 休めよ黒馬よ 今しばし 
  月が出たとて 匂ふとて
  恋しい人が 待つぢゃなし 
  頼むはせめて そちひとり

index