哀 愁 日 記
歌 孫すずめ
作詩 西条八十  作曲 万城目正
昭和29年
1 山のひと夜の ゆきづりの
  愛の言葉を 忘れかね
  涙ぐみ 清いやさしい
  眸(ひとみ)の君を
  呼べば都の 夕日が紅い


2 雨の降る日は 窓のそと
  風の吹く夜は 星の空
  あの人は いつもどこかで
  わたしを見ている
  泪ぐむよに いとしむように


3 弱い乙女の ゆく途は
  いつも砂漠の ひとり旅
  幸福(しあわせ)は 見えぬ小鳥か
  消えゆく虹か
  愛の泉の 湧く街恋し