新  雪
歌 都倉あきお
作詩 佐伯孝夫  作曲 佐々木俊一
昭和17年
1 紫けむる 新雪の
  峰ふり仰ぐ この心
  麓の丘の 小草を敷けば
  草の青さが 身に沁みる


2 汚れを知らぬ 新雪の
  素肌へ匂う 朝の陽よ
  若い人生に幸あれかしと
  祈る瞼に 湧く涙


3 大地を踏んで がっちりと
  未来に続く 尾根伝い
  新雪光る あの峰越えて
  行こうよ元気で 若人よ 


index
 

C-マンション