一杯のコーヒーから
歌 小林 清
作詩 藤浦 洸  作曲 服部良一
昭和14年
1 一杯の コーヒーから
  夢の花咲く こともある
  街のテラスの 夕暮れに
  二人の胸の ともしびが
  ちらりほらりと つきました

2 一杯の コーヒーから
  モカの姫君 ジャバ娘
  歌は南の セレナーデ
  あなたとふたり ほがらかに
  肩を並べて 歌いましょう

3 一杯の コーヒーから
  夢はほのかに 香ります
  赤い模様の アラベスク
  あそこの窓の カーテンが
  ゆらりゆらりと ゆれてます

4 一杯の コーヒーから
  小鳥さえずる 春も来る
  今宵ふたりの ほろにがさ
  角砂糖二つ 入れましょうか
  月の出ぬ間に ひえぬ間に


index