月 の 嫁 入 り 船
歌 wvw masa
作詩 横井 弘  作曲 吉田矢健治
昭和31年 
1 船がゆくゆく 嫁入り船が
  祭り囃子の その中を
  おさななじみが 思いをこめて
  打てば太鼓も
  月の流れを 泣いてゆく


2 木の実ふるふる 社(やしろ)のかげで
  きいた子守の 唄のかず
  ばちの重さを 悲しくこらえ
  打てば太鼓に
  浮かぶあの日の 風ぐるま


3 船がゆくゆく 嫁入り船が
  つらい伏し目の 人のせて
  月に涙を さらしたままで
  打てば太鼓は
  川面三里を 流れゆく

index