男 一 匹 の 歌
歌 夏目露男
作詩 夢 虹二  作曲 佐藤長助
昭和23年
1 赤い夕陽は 砂漠のはてに
  旅を行く身は ラクダの背中に
  男一匹未練心は さらさらないが
  なぜかさびしい 日暮れの道よ


2 昨日ラマ塔の 花咲くかげで
  ちらと見た娘(こ)の 似ている瞳
  男一匹何もいうまい 昔の夢だ
  空にゃほのかに 七つの星よ


3 月の出潮は 心がぬれる
  吹くなモンゴーの 砂漠の風よ
  男一匹明日(あす)の希望を 心に秘めて
  行けば鳴る鳴る ラクダの鈴よ

index