母 恋 吹 雪
歌 加賀国一郎
作詩 矢野 亮  作曲 林 伊佐緒
昭和31年 
1 酔ってくだまく 父さの声を
  逃げて飛び出しゃ 吹雪の夜道
  辛い気持は わかっちゃいるが
  俺らばかりに ああ なぜあたる


2 こんな時には 母さが恋し
  何で俺らを 残して死んだ
  呼んでみたって ちぎれて消える
  星のかけらも ああ 見えぬ空


3 徳利かこった 凍れる指に
  岩手おろしが じんじと沁みる
  たった二人の 親子であれば
  涙ぬぐって ああ 戻る道

index