お 別 れ 公 衆 電 話
歌 富士三郎
作詩 藤間哲郎  作曲 袴田宗孝
昭和34年 
1 なにも言わずに このままそっと
  汽車に乗ろうと 思ったものを
  駅の喫茶の 公衆電話
  いつかかけていた 馬鹿ね馬鹿だわ
  私の未練 さようなら さようなら
  お別れ電話の せつないことば


2 好きでないなら 何でもないわ
  好きでいりゃこそ 苦しくなるの
  飛んで来ないで そのまま居てよ
  逢えばもろくなる ほんとほんとよ
  私の気持ち さようなら さようなら
  お別れ電話の せめてのことば


3 先があるのよ あなたの身には
  こんな女は 忘れるものよ
  ベルが鳴る鳴る プラットホーム
  ここが切れめ時 出てはいけない
  私の涙 さようなら さようなら
  お別れ電話の 最後のことば


index