池 袋 の 夜
歌 てんてん
作詩 吉川静夫  作曲 渡久地政信
昭和44年 
1 あなたに逢えぬ 悲しさに
  涙もかれて しまうほど
  泣いて悩んで 死にたくなるの
  せめないわ せめないわ
  どうせ気まぐれ 東京の夜の池袋


2 他人のままで 別れたら
  よかったものを もうおそい
  美久仁小路の 灯りのように
  待ちますわ 待ちますわ
  さようならなんて
  言われない 夜の池袋


3 にげてしまった 幸福は
  しょせん女の 身につかぬ
  お酒で忘れる 人生横丁
  いつまでも いつまでも
  どうせ気まぐれ 東京の夜の池袋