伊 豆 の 雨
歌 加賀国一郎
作詞 たかたかし  作曲 市川昭介
昭和59年 
1 宿の番傘 ふたりでさして
  行けば川面の 灯に泣ける
  愛しあっても どうにもならぬ
  恋のおもさよ せつなさよ
  頬につめたい あゝ 伊豆の雨


2 たとえ逢う瀬は 短くたって
  つなぐ情(こころ)が あればいい
  春の湯けむり あまえる肩を
  つつむあなたの あたたかさ
  明日はいらない あゝ 伊豆の雨


3 雨にうたれて ほのかに匂う
  花は白梅 湯のかおり
  悔いはしません 別れが来ても
  命つくすは この人に
  夢をめさせて あゝ 伊豆の雨


index