お 島 千 太 郎 旅 唄
歌 夏目露男
作詩 西条八十  作曲 奥山貞吉
昭和15年
1 春の嵐に 散り行く 花か
  風にまかせた 身は旅役者
  更けて流しの 三味の音聞けば
  捨てた故郷に 捨てた故郷に
  また涙


2  雁が啼く啼く 旅空夜空
  お島痛かろ わらじの紐が
  今日も吹くかよ 男体颪
  つなぐ手と手が つなぐ手と手が
  また冷える


3 清い心で 旅するからは
  何の辛かろ 野末の仮寝
  里で夜明けて 峠で暮れて
  月に夫婦の 月に夫婦の
  旅姿

index