高 原 の 旅 愁
歌 夏目露男
作詩 関沢潤一郎  作曲 八州秀章
昭和15年
1 むかしの夢の 懐かしく
  訪ね来たりし 信濃路の
  山よ小川よ また森よ
  姿むかしの ままなれど
  なぜに彼の君 影もなし


2 乙女の胸に 忍び寄る
  啼いて淋しき 閑古鳥
  君の声かと 立ち寄れば
  消えて冷たく 岩影に
  清水ほろほろ 湧くばかり


 過ぎにし夢と 思いつつ
  山路下れば さやさやと
  峠吹き来る 山の風
  胸に優しく 懐かしく
  明日の希望を 囁くよ