エリカの花散るとき

歌 かつかつ
作詞 水木かおる  作曲 藤原秀行
昭和38年
1 青い海を見つめて 伊豆の山かげに
  エリカの花は 咲くという
  別れたひとの ふるさとを
  たずねてひとり 旅を行く
  エリカ エリカの花の咲く村に
  行けばもいちど 逢えるかと


2 山をいくつ越えても うすい紅いろの
  エリカの花は まだ見えぬ
  悲しい恋に 泣きながら
  夕日を 今日も見送った
  エリカ エリカの花はどこに咲く
  径ははるばる つづくのに


3 空の雲に聞きたい 海のかもめにも
  エリカの花の 咲くところ
  逢えなくなって なおさらに
  烈しく燃える 恋ごころ
  エリカ エリカの花が散るときは
  恋にわたしが 死ぬときよ


index