湖 底 の 故 郷
歌 夏目露男
作詩  島田磐也  作曲  鈴木武夫
昭和12年
1 夕陽は赤し 身は悲し
  涙は熱く 頬濡らす
  さらば湖底の わが村よ
  幼き夢の ゆりかごよ


2 当てなき道を 辿りゆく
  流離(ながれ)の旅は 涙さえ
  枯れてはかなき おもい出よ
  あゝうらぶれの 身はいずこ


3 別れは辛し 胸傷(いた)し
  何処(いずこ)に求む ふるさとよ
  今ぞ当てなき 漂泊(さすらい)の
  旅路へ上(のぼ)る 今日の空

index