岸 壁 の 母

作詩 藤田まさと  作曲 平川浪竜
昭和29年
1 母は来ました 今日も来た
  この岸壁に 今日も来た
  とどかぬ願いと 知りながら
  もしやもしやに もしやもしやに
  ひかされて


 また引揚船が帰って来たに、今度もあの子は帰らな
 い…
 この岸壁で待っているわしの姿が見えんのか…
 港の名前は舞鶴なのに何故飛んで来てはくぬのゃ…
 帰れないなら大きな声で…
 お願い…
 せめて、せめて一言…


2 呼んで下さい おがみます
  あゝおっ母さん よく来たと
  海山千里と 云うけれど
  何で遠かろ 何で遠かろ
  母と子に


 あれから十年…
 あの子はどうしているじゃろう
 雪と風のシベリアは寒いじゃろう…
 つらかったじゃろうといのちの限り抱きして…
 この肌で温めてやりたい…
 その日の来るまで死にはせん
 いつまでも待っている…


3 悲願十年 この祈り
  神様だけが 知っている
  流れる雲より 風よりも
  つらいさだめの つらいさだめの
  杖ひとつ


 ああ風よ、心あらば伝えてよ
 愛し子待ちて今日も又
 怒涛砕くる岸壁に立つ母の姿を…