涙 の 酒
歌 団塊野郎
作詩 中山邦雄  作曲 小池青磁
昭和37年 
1 男一途の 火の恋を
  何で涙で けされよう
  未練ばかりが ただつのる
  夜の暗さを はしご酒


2 浴びておぼれて なお酔えぬ
  酒のにがさを かみしめる
  露地の屋台の 灯にさえも
  男心が 泣ける夜


3 涙ぐんでた あの顔に
  なんで嘘など あるものか
  噂なんだぜ 噂だと
  胸に聞かせる はしご酒