女 の み ち
歌 夏目露男
作詩 宮 史郎  作曲 並木ひろし
昭和47年 
1 私が捧げた その人に
  貴方だけよと すがって泣いた
  うぶな私が いけないの
  二度としないわ 恋なんて
  これが女の 道ならば


2 濡れた眸に また浮かぶ
  捨てた貴方の 面影が
  どうしてこんなに いじめるの
  二度と来ないで 辛いから
  これが女の 道ならば


3 暗い坂道 一筋に
  行けば心の 灯がともる
  きっと掴むわ 幸せを
  二度と灯りを 消さないで
  これが女の 道ならば

index