哀 愁 の 街 に 霧 が 降 る
MVM MASA
作詩 佐伯孝夫  作曲 吉田 正
昭和31年 
1 日ぐれが青い灯 つけてゆく
  宵の十字路
  泪色した 霧がきょうも降る
  忘られぬ瞳よ
  呼べど並木に 消えて
  ああ 哀愁の街に霧が降る


2 花売娘の 花束も
  濡れる十字路
  のこる香りに あまく思い出す
  過ぎし日の あの夜は
  カラーフイルムのコマか
  ああ 哀愁の街に霧が降る


3 せつなくふるふる 身も細る
  霧の十字路
  窓を洩れくる 唄もすすりなく
  なつかしの ブローチ
  肌につめたく 沁みて
  ああ 哀愁の街に霧が降る


index