われは海の子


尋常小学校読本唱歌
明治43年
1 我は海の子 白浪の
  さわぐいそべの 松原に
  煙たなびく とまやこそ
  我がなつかしき 住家なれ

2 生まれてしおに 浴みして
  浪を子守りの 歌と聞き
  千里寄せくる 海の気を
  吸いてわらべと なりにけり

3 高く鼻つく いその香に
  不断の花の かおりあり
  なぎさの松に 吹く風を
  いみじき楽と 我は聞く


4 丈余のろかい 操りて
  行くて定めぬ 浪まくら
  百尋千尋の 海の底
  遊びなれたる 庭広し