1 遼陽(りょうよう)城頭夜は闌(た)けて
  有明月の影すごく
  霧立ちこむる高梁
(こうりょう)
  中なる塹壕
(ざんごう)声絶えて
  目醒め勝ちなる敵兵の
  胆驚かす秋の風
2 わが精鋭の三軍を
  邀撃
(ようげき)せんと健気にも
  思い定めし敵将が
  集めし兵は二十万
  防禦至らぬ隅
(くま)もなく
  決戦すとぞ
聞えたる
3 時は八月末つ方
  わが籌略
(ちゅうりゃく)は定まりて
  総攻撃の命下り
  三軍の意気天を衝く
  敗残の将いかでかは

  正義に敵する勇あらん
4 「敵の陣地の中堅ぞ
  まず首山堡
(しゅざんぽ)を乗っ取れ」と
  三十日の夜深く
  前進命令忽ちに
  下る三十四聯隊
  橘大隊一線に
5 漲る水を千仭の
  谷に決する勢か
  巌
(いわお)を砕く狂瀾の
  躍るに似たる大隊は
  彩雲たなびく明の空
  敵塁近く攻め寄せぬ
6 斯くと覚りし敵塁の
  射注ぐ弾の烈しくて
  先鋒数多
(あまた)斃るれば
  隊長怒髮天を衝き
  「予備隊続け」と太刀を振り
  獅子奮迅と馳せ登る
7 剣戟(けんげき)摩して鉄火散り
  敵の一線まず敗る
  隊長咆吼
(ほうこう)躍進し
  卒先塹壕飛び越えて
  閃電
(せんでん)敵に切り込めば
  続く決死の数百名
8 敵頑強に防ぎしも
  遂に堡塁を奪いとり
  万歳声裡
(せいり)日の御旗
  朝日に高くひるがえし
  刃を拭う暇もなく
  彼れ逆襲の鬨の声
9 十字の砲火雨のごと
  よるべき地物更になき
  この山上に篠つけば
  一瞬変転ああ悲惨
  伏屍累々山を被い

  鮮血漾々(ようよう)壕に満つ
10 折しも喉を打ちぬかれ
  倒れし少尉川村を
  隊長躬
(みずから)ら提げて
  壕の小蔭に繃帯し
  再び向う修羅の道
  ああ神なるか鬼なるか
11 名刀関の兼光が
  鍔を砕きて弾丸は
  腕をけずりさらにまた
  つづいて打ちこむ四つの弾
  血煙さっと上れども
  隊長さらに驚かず
12 厳然として立ちどまり
  なおわが兵を励まして
  「雌雄を決する時なるぞ
  この地を敵に奪わるな
  とくうち払へこの敵」と
  天にも響く下知の声
13 衆をたのめる敵兵も
  雄たけび狂うわが兵に
  つきいりかねて色動き
  浮足立てし一刹那
  爆然敵の砲弾は
  裂けぬ頭上に雷のごと
14 辺りの兵にあびせつつ
  弾はあられとたばしれば
  打ち倒されし隊長は
  「無礼ぞ奴
(うぬ)」と力こめ
  立たんとすれど口惜しや
  腰は破片に砕かれぬ
15 「隊長傷は浅からず
  暫しここに」と軍曹の
  壕に運びていたわるを
  「否みよ内田浅きぞ」と
  戎衣
(じゅうい)をぬげば紅の
  血潮淋漓迸
(ほとばし)
16 中佐はさらに驚かで
  「隊長われはここにあり
  受けたる傷は深からず
  日本男子の名を思い
  命の限り防げよ」と

  部下を励ます声高し
17 寄せては返しまた寄する
  敵の新手を幾度か
  打ち返ししもいかにせん
  味方の残兵少きに
  中佐はさらに命ずらく
  「軍曹銃をとって立て」
18 軍曹やがて立ちもどり
  「辛くも敵は払えども
  防ぎ守らん兵なくて
  この地を占めん事難し

  後援きたるそれまで」と
  中佐を負いて下りけり
19 屍(しかばね)ふみ分け壕をとび
  刀を杖に岩をこえ
  ようやく下る折も折
  虚空を摩して一弾は
  またも中佐の背をぬきて
  内田の胸を破りけり