背 く ら べ

作詞 海野 厚  作曲 中山晋平
大正12年
1 柱のきずは おととしの
  五月五日の 背くらべ
  ちまきたべたべ にいさんが
  はかってくれた 背のたけ
  きのうくらべりゃ 何のこと
  やっと羽織の ひものたけ


2 柱にもたれりゃ すぐ見える
  遠いお山も 背くらべ
  雲の上まで 顔だして
  てんでに背のび していても
  雪の帽子を ぬいでさえ
  一はやっぱり 富士の山