夏 は 来 ぬ

明治29年
1 うの花のにおう 垣根に
  時鳥早もきなきて
  忍音もらす 夏は来ぬ


2 さみだれの そそぐ山田に
  早乙女が 裳裾ぬらして
  玉苗ううる 夏は来ぬ


3 橘のかおる のきばの
  窓近く 蛍とびかい
  おこたり諫むる 夏は来ぬ


4 楝(あうち)ちる 川辺の宿の
  門遠く 水鶏(くいな)声して
  夕月すずっしき 夏は来ぬ


5 さつきやみ 蛍とびかい
  水鶏なき 卯の花さきて
  早苗うえわたす 夏は来ぬ