鯉 の ぼ り

尋常少学唱歌>
大正2年


イラスト制作 コバヤシ キヨシ さん
1 いらかの波と 雲の波
  かさなる波の なか空を
  たちばなかおる 朝風に
  高くおよぐや 鯉のぼり


2 ひらける広き その口に
  舟をものまん さま見えて
  ゆたかにふるう 尾ひれには
  ものに動ぜぬ 姿あり


3 百瀬(ももせ)の滝を のぼりなば
  たちまち竜に なりぬべき
  わが身にによや 男(お)の子ごと
  空におどるや 鯉のぼり