蛍 の 光

小学唱歌集
明治14年
1 蛍の光 窓の雪 
  書よむ月日 重ねつつ 
  いつしか年も すぎの戸を 
  あけてぞ今朝は 別れゆく


2 とまるも行くも 限りとて 
  かたみに思う ちよろずの 
  心のはしを ひとことに 
  さきくとばかり 歌うなり


3 筑紫のきわみ 陸(みち)の奥 
  海山遠く へだつとも 
  その真心は へだてなく 
  ひとえにつくせ 国のため