桜井の訣別(大楠公)

作詞  落合直文(1861〜1903)
作曲  奥山朝恭(1858〜1943)
青葉茂れる 桜井の 里のわたりの夕まぐれ
木(こ)の下蔭に駒とめて 世の行く末をつくづくと
忍ぶ鎧の袖の上(え)に 散るは涙かはた露か

正成涙を打ち払い 我が子正行呼び寄せて
父は兵庫に赴かん 彼方の浦にて討死せん
いましはここ迄 来(き)つれども 
とくとく帰れ 故郷へ

父上いかにのたもうも 見捨てまつりてわれ一人
いかで帰らん帰られん 此正行は年こそは
未だ若けれ諸共に 御供仕えん死出の旅

いましをここより帰さんは わが私の為ならず
>己れ討死為さんには 世は尊氏の儘ならん
早く生い立ち大君に 仕えまつれよ国の為め

此一刀(ひとふり)は往(いに)し年 
君の賜いし物なるぞ
此世の別れの形見にと いましにこれを贈りてん
行けよ正行故郷へ 老いたる母の待ちまたん

共に見送り見返りて 別れを惜しむ折からに
復も降り来る五月雨の 空に聞こゆる時鳥
誰か哀と聞かざらん あわれ血に泣く其声を