金 剛 石


作詞 昭憲皇太后  作曲 奥 好義
明治29年
1 金剛石も、みがかずば、
  玉の光は 添わざらん。
  人も、学びて 後にこそ、
  まことの徳は 現るれ。
  時計のはりの 絶間なく
  めぐるがごとく、時のまも、
  光陰T(ひかげ)>惜みて 励みなば、
  いかなる業か ならざらん。


2 水は器に したがいて、
  そのさまざまに なりぬなり。
  人は交る 友により、
  よきにあしきに なりぬなり。
  己に優る よき友を
  えらび求めて、もろともに、
  心の駒に 鞭うちて、
  学の道に 進むべし