鎌   倉


尋常小学校唱歌
作詞 芳賀 矢一  作曲 不 詳
明治43年
 七里ヶ浜の いそ伝い
  稲村ヶ崎 名将の
  剣(つるぎ)投ぜし 古戦場


 極楽寺坂 越え行けば
  長谷観音の 堂近く
  露坐(ろざ)の大仏 おわします


 由比の浜辺を 右に見て
  雪の下村 過ぎ行けば
  八幡宮の 御社(おんやしろ)


 上るや石の きざはしの
  左に高き 大銀杏(おおいちょう)
  問わばや遠き 世々の跡


 若宮堂の 舞の袖
  しずのおだまき くりかえし
  かえせし人を しのびつつ


 鎌倉宮に もうでては
  尽きせぬ親王(みこ)の みうらみに
  悲憤の涙 わきぬべし


 歴史は長き 七百年
  興亡すべて ゆめに似て
  英雄墓は こけ蒸しぬ


 建長円覚 古寺の
  山門高き 松風に
  昔の音や こもるらん