鞠と殿さま

作詞 西条八十  作曲 中山晋平
1 てんてんてんまり てん手まり
  てんてん手まりの 手がそれて
  どこからどこまで とんでった
  垣根をこえて 屋根こえて
  表の通りへとんでった 
  とんでった

2 表の行列 なんじゃいな
  紀州の殿様 お国入り
  きんもんさき箱 ともぞろい
  おかごのそばには ひげやっこ
  毛槍をふりふり ヤッコラサの
  ヤッコラサ


3 てんてんてんまり てん手まり
  はずんでおかごの やねの上
  もしもし紀州の お殿様
  あなたのおくにの みかん山
  わたしにみさせて くださいな
  くださいな

4 おかごはゆきます とうかいどう
  とうかいどうは 松なみ木
  とまりとまりで 日がくれて
  一年たっても もどりゃせぬ
  三年たっても もどりゃせぬ
  もどりゃせぬ

5 てんてん手まりは 殿様に
  だかれてはるばる たびをして
  きしゅうはよいくに 日の光
  山のみかんに なったげな
  赤いみかんに なったげな
  なったげな