2004年9月


SNK ラテンバンド 「チッゴ・アミーゴス」

    車にゆられて 
        作詞 佐木 敏

山のふもとまで 続いている道
森のはずれには サイロが見えるよ
車にゆられて 仕事に出かける
ぼくたちの顔に 朝日がまぶしい
ラクカラチャ ラクカラチャ
ゆらゆらゆれて
ラクカラチャ ラクカラチャ
牧場の中の
ラクカラチャ ラクカラチャ 
でこぼこ道を
ラクカラチャ ラクカラチャ
車がゆくよ

メキシコ民謡のこの曲は、中学校の音楽教材での
タイトルは「車にゆられて」となっているそうです。
1901年から1920年のメキシコ革命の頃につくられた
物語歌のひとつ、クカラチャ"とは「アブラムシ」のことですが、
その意味については、兵隊たちの後を鍋や釜を下げて歩く
女たちの様子をアブラムシにたとえて歌ったものという説や、
実在した"ラクカラチャ"というニックネームの女革命家を
歌ったものという説などもあるそうです。


    演奏楽器    
 
 1トラック フルート
 2トラック ハーモニカ
 3トラック アルト サックス
 4トラック グロッケン
 5トラック ビブラホーン
 6トラック ギター
 7トラック ベース
 8トラック トロンボーン
10トラック ドラム

戻り    次へ