山のけむり  

早良にて背振をのぞむ。(マウスの下は浮羽棚田)     
山の煙の ほのぼのと たゆうとう森よ あの道よ
幾年消えて 流れ行く 思い出の ああ 
夢の一筋 遠く静かに 揺れている



谷の真清水 くみおうて 微笑交わし 摘んだ花
山鳩の声 聞きながら 行きずりの ああ 
君と共に おりた峠の はろけさよ


山の煙の たそがれに 別れた人の 後ろ影 
後ふりかえり 手を振れば 薄れ行く ああ 
淡い夕日が 染めた茜の 懐かしく