春は名のみの 風の寒さや 谷の 鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず 時にあらずと声も立てず

氷解け去り 葦は角ぐむ さては時ぞと 思うあやにく 

今日も昨日も 雪の空 今日も昨日も 雪の空
もどる