白い花の咲く頃
白い花が咲いてた ふるさとの遠い夢の日 
さよならと言ったら 黙ってうつむいてたお下げ髪 
悲しかったあの時の あの白い花だよ

白い雲が浮いてた ふるさとの高いあの峰 
さよならと云ったらこだまがさよならと呼んでいた 
淋しかったあの時のあの白い雲だよ

白い月が泣いてた ふるさとの丘の木立に 
さよならと言ったら 涙の眸でじっと見つめてた 
悲しかったあの時の あの白い月だよ