桜貝の歌


麗しき 桜貝一つ 去り行ける 君にささげん 
この貝は こぞの浜辺に 君一人 拾いし貝よ

ほのぼのと 薄紅染むるは 我がもゆる さみし血潮よ
はろばろと かよう香りは 君恋うる 胸の漣

ああ なれど 我が思いは儚く うつし世の なぎさに果てぬ

もどる