おまえに

そばにいてくれる だけで良い 黙っていても 良いんだよ
僕のほころび 縫えるのは 同じ心の傷を持つ 
お前のほかに 誰もない そばにいてくれる だけで良い

そばにいてくれる だけで良い 泣きたい時も ここで泣け
涙をふくのは僕だから 同じ喜び知るものは
お前のほかに 誰もない そばにいてくれる だけで良い

そばにいてくれる だけで良い 約束をした その日から
遠くここまで 来た二人 同じ調べを 唄うのは
お前のほかに 誰もない そばにいてくれる だけで良い
雨の降る1日でした、何もする事もなくテレビを見てるのか.......、うたた寝してるのか.........。 
 そんな主人を見ながら 主人の好きな歌を 音符を拾って入れて見ました 
    もどる