曲 目 一 覧 表

年 号 出 来 事 曲            目
明治 人を恋うる歌 元寇 雪の進軍 婦人従軍歌 戦友 抜刀隊 歩兵の本領 勇敢なる水兵 真白き富士の嶺 嗚呼玉杯に花うけて 日本陸軍 敵は幾万
大正 ゴンドラの歌 カチューシャの歌 琵琶湖周航の歌 さすらいの唄 籠の鳥 船頭小唄 馬賊の歌 江田島健児の歌
昭和元年 昭和天皇御即位 鉾をおさめて
昭和2年 リンドバーグ大西洋横断 朝鮮北境警備の歌
昭和3年 張作霜事件 出 船 
昭和4年 ツェペリン号世界一周 東京行進曲 浪花小唄
昭和5年 浜口首相狙撃事件 祇園小唄 酋長の娘 出船の港
昭和6年 満州事変 影を慕いて 酒は涙か溜息か 女給の唄 丘を越えて 月の浜辺 不壊の白珠 日本橋から キャンプ小唄 侍ニッポン 忘られぬ花 
昭和7年 白木屋火災 爆弾三勇士 ヴェニスの舟歌 討匪行 幌馬車の唄 天国に結ぶ恋 涙の渡り鳥 あけみの唄 時雨ひととき 片瀬波
昭和8年 国際連盟脱退 山は夕焼 山の人気者 僕の青春(はる) 天竜下れば 十九の春 島の娘 旅がらす
昭和9年 室戸台風 サーカスの唄 赤城の子守唄 国境の町 小さな喫茶店 急げ幌馬車 赤い灯青い灯  
昭和10年 忠犬ハチ公死亡 旅笠道中 船頭可愛や 緑の地平線 国境の春 白い椿の唄 野崎小唄 二人は若い 雨に咲く花 お駒恋姿 むらさき小唄 明治一代女 山岳の唄
昭和11年 2.26事件 夕日は落ちて 人妻椿 男の純情 女の階級 東京ラプソディ 満州想えば 博多夜船 ああそれなのに 花言葉の唄 下田夜曲 東京娘 愛の小窓
昭和12年 蘆溝橋事件 裏町人生 人生の並木路 流転 妻恋道中 湖底の故郷 流砂の護り 上海だより 無情の夢 軍国の母 青春日記 露営の歌 マロニエの木蔭 別れのブルース 声なき凱旋 赤城しぐれ ああわが戦友 青い背広で すみだ川 白虎隊 慈悲心鳥の唄 海行かば
昭和13年 岡田嘉子ソ連に亡命 波止場気質 旅姿三人男 長崎物語 支那の夜 愛国の花 麦と兵隊 おしどり道中 忠治子守唄 人生劇場 日の丸行進曲 上海の街角で 音信(たより)はないか 愛国行進曲 上海航路 悲しき子守唄 チンライ節 母子船頭歌 湖上の尺八 雨のブルース 皇国(みくに)の母 バンジョーで唄えば 同期の桜 西湖の月 南京だより
昭和14年 ノモンハン事件 大利根月夜 島の船唄(田端義夫) 白蘭の歌 東京ブルース 愛馬行 上海の花売り娘 純情二重奏 九段の母 空の勇士 名月赤城山 紀元2600年 港シャンソン チャイナ・タンゴ 或る雨の午後 父よあなたは強かった 太平洋行進曲 出征兵士を送る歌 いとしあの星 なつかしの歌声 夢去りぬ 愛染夜曲 愛染草紙 旅の夜風 一杯のコーヒーから 何日君再来 懐かしのボレロ 古き花園 潮来夜船 月下の歩哨線 ほんとにほんとに御苦労ね 純情の丘 上海ブルース 紅い睡蓮 出船の唄 広東ブルース 長崎のお蝶さん 並木の雨 くろがねの力
昭和15年 紀元2600年祝典 燦めく星座 別れ船 高原の旅愁 誰か故郷を想わざる 小雨の丘 湖畔の宿 熱砂の誓い(建設の歌) 森の小径 目ン無い千鳥 暁に祈る 月月水木金金 お島千太郎旅唄 蘇州夜曲 あの花この花 新妻鏡 相呼ぶ歌 愛馬進軍歌 重い泥靴 燃ゆる大空 国民進軍歌 愛馬花嫁 旅のつばくろ
昭和16年 太平洋戦争始まる 梅と兵隊 そうだその意気 めんこい仔馬 琵琶湖哀歌 満州里小唄 十三夜 パラオ恋しや 森の水車 海の進軍 蘭の花咲く満州で ああ草枕幾度ぞ 牡丹の曲 蘇州の夜 サヨンの鐘 夜霧の馬車
昭和17年 関門トンネル開通 湯島の白梅 明日はお立ちか 新雪 南の花嫁さん バタビアの夜は更けて 空の神兵 風は海から 南から南から 鈴懸の径 森の水車 高原の月 ジャワのマンゴ売り
昭和18年 学徒出陣 戦友の遺骨を抱いて 若鷲の歌 勘太郎月夜唄 ラバウル小唄 加藤隼戦闘隊 お使いは自転車に乗って 大空に祈る
昭和19年 神風特別攻撃隊が初出撃 轟沈 月夜船 ああ紅の血は燃ゆる ラバウル航空隊 特幹の歌
昭和20年 無条件降伏 リンゴの唄
昭和21年 プロ野球再開 かえり船 東京の花売娘 旅役者の唄 悲しき竹笛 別れても 麗人の歌 黒いパイプ
昭和22年 古橋選手400m新記録 啼な小鳩よ 星の流れに 港が見える丘 雨のオランダ坂 泪の乾杯 夜霧のブルース 山小舎の灯 長崎エレジー 夜のプラットホーム 誰か夢なき 三日月娘 夢淡き東京 旅の舞姫 港に赤い灯がともる 若い力 白鳥の歌 浅草の唄 海のジプシー 東京の夜 東京よさようなら
昭和23年 帝銀事件 湯の町エレジー 憧れのハワイ航路 たそがれの夢 想い出は雲に似て 雨の夜汽車 流れの旅路 三百六十五夜 異国の丘 懐かしのブルース シベリア・エレジー 緑の牧場 東京の屋根の下 愛の灯かげ 君待てども さよならルンバ 男一匹の歌 フランチェスカの鐘 南の薔薇 小判鮫の唄 おしどり笠 長崎のザボン売り 君忘れじのブルース 別れ出船 東京ブギウギ 栄冠は君に輝く ダンディ気質 あの夢この歌 涙の駒鳥 
昭和24年 法隆寺金堂炎上 玄海ブルース 青春のパラダイス 港の恋唄 青い山脈 春の舞妓 月よりの使者 男の涙 あざみの歌 流れの船唄 別れのタンゴ 東京夜曲 熱き泪を かりそめの恋 アンコ可愛いや 銀座カンカン娘 恋のアマリリス 麗人草の歌 白い船のいる港 悲しき口笛 イヨマンテの夜 さくら貝の歌 港ヨコハマ花売娘 ハバロフスク小唄 花の素顔 愛染草 呼子星 テネシーワルツ かよい船 今日われ恋愛す アメリカ通いの白い船 恋のマドロス 東京の空青い空 薔薇を召しませ 三味線ブギ 紅い燃ゆる地平線  
昭和25年 金閣寺炎上 越後獅子の唄 東京キッド 夜来香 白い花の咲く頃 星影の小径 赤い靴のタンゴ 山のかなたに 水色のワルツ 想い出のボレロ 恋の曼珠沙華 サム・サンデー・モーニング ダンスパーティの夜 憧れの住む町 桑港のチャイナタウン 火の鳥 別れの夜汽車 雨の屋台 月の出船
昭和26年 サンフランシスコ条約調印 高原の駅よさようなら 長崎の鐘 牧場の花嫁さん アルプスの牧場 上海帰りのリル 野球小僧 長崎の雨 ニコライの鐘 江ノ島悲歌 情熱のルンバ 連絡船の唄 東京の椿姫 水色のスーツケース あの丘越えて 私は街の子 恋を呼ぶ歌 喫茶店の片隅で 山の端に月の出る頃 白樺の小径 白いランプの灯る道 上州鴉 さすらいの旅路 赤い椿の港町 トンコ節 東京悲歌 リラの花咲く頃 ひばりの花売娘  東京シューシャインボーイ 憧れは馬車にのって 玄海エレジー
昭和27年 明神礁爆発 落葉しぐれ 赤いランプの終列車 りんどう峠 あこがれの郵便馬車 山のけむり ゲイシャワルツ ギター月夜 泪の夜汽車 丘は花ざかり チャペルの鐘 リンゴ追分 さすらいの船歌 伊豆の佐太郎 こんな私じゃなかったに あゝモンテンルパの夜は更けて 夕月の歌 別れの磯千鳥 流れのギター姉妹 南国悲歌 ロンドンの街角で
昭和28年 バカヤロウ解散 ふるさとの燈台 みどりの雨 雨降る街角 元気でねさようなら 津軽のふるさと 街のサンドイッチマン 街の燈台 さすらいの恋唄 こんなベッピン見たことない 待ちましょう 石狩エレジー ひめゆりの塔 君いとしき人よ マロニエの並木路 お俊恋唄 黒百合の歌 君の名は さすらいの湖畔 毬藻の唄 港のエトランゼ
昭和29年 洞爺丸遭難 岸壁の母 裏町夜曲 ギター流し 麦踏みながら 高原列車は行く ひばりのマドロスさん 初めて来た港 あなたと共に 青い月夜だ お富さん 野球けん 南国情話(若山彰・能沢佳子) 東京ワルツ 夢呼ぶ海の歌声 吹けば飛ぶよな 哀愁日記 君はマドロス海つばめ 花の三度笠 小雨の駅にベルが鳴る 原爆許すまじ 雨の酒場で 三つの恋 別府エレジー 初恋ワルツ  泣くなカチューシャ サロマ湖の歌 数寄屋橋エレジー あれが空似というものか 
昭和30年 1円硬貨 別れの一本杉 カスバの女 おんな船頭唄 ご機嫌さんよ達者かね 島の船唄(三橋美智也) かえりの港 あの娘が泣いてる波止場 親子舟唄 ハンドル人生 赤と黒のブルース 小島通いの郵便船 名月佐太郎笠 高原の宿 月がとっても青いから 街角のブルース 逢いたかったぜ むすめ巡礼 ピレネーの山の男 この世の花 月夜の笛 妻恋峠 東京アンナ 噂残して 港のおりくさん あの日の船はもう来ない 母三人の唄 ああ新撰組 だから言ったじゃないの 次男坊鴉 面影いずこ 弁天小僧 裏町のピエロ  俺は星のない男さ 娘船頭さん サビタの花 かんかん蟲は唄う 
昭和31年 メルボルンオリンピック ガード下の靴みがき ここに幸あり 夜霧の第二国道 男の友情 逢いたいなァあの人に 月の嫁入り船 ああダムの町 男のブルース  東京の人よさようなら どうせ拾った恋だもの 若いお巡りさん 浮草の宿 別れの波止場 哀愁の街に霧が降る 縁があったらまた逢おう 玄海船乗り 男涙の子守唄 好きだった 愛ちゃんはお嫁に 山蔭の道 木曽恋がらす リンゴ村から 長崎の蝶々さん 哀愁列車 東京の人 おばこマドロス おばこ船頭さん 十九の春(神楽坂浮子)十九の浮草 俺と影法師 母恋吹雪 狂った果実 ああ田原坂 天城悲歌 月のおけさ船 お花ちゃん 早く帰ってコ みれん峠 流し舟唄 
昭和32年 南極基地 あン時ゃどしゃ降り ごめんヨかんべんナ さようなら故郷さん 故郷は遠い空 東京見物 柿の木坂の家 踊子 雪の渡り鳥 港町十三番地 船方さんよ おさらば東京 一本刀土俵入り 僕は流しの運転手 お月さん今晩は 有楽町で逢いましょう 苦手なんだよ おさげと花と地蔵さんと 十代の恋よさようなら 浜っ子マドロス 喜びも悲しみも幾年月 東京だよおっ母さん チャンチキおけさ 東京のバスガール いのちの限り 青春サイクリング 未練の波止場 丘にのぼりて 夢見る乙女 リンゴ花咲く故郷へ 俺は待ってるぜ 嵐を呼ぶ男 東京午前3時 ダイアナ 流転がらす  吹けよ木枯らし ふるさとの岬 うそじゃないんだ 
昭和33年 一万円札発行 無法松の一生 逢いに来ましたお父さん 赤い夕陽の故郷 ギター鴎 銀座の蝶 俺は淋しいんだ 夕焼けとんび こいさんのラブコール 泣かないで 別れの燈台 星はなんでも知っている 思い出さん今日は 公園の手品師 からたち日記 ろくでなし 羽田発七時五十分 居酒屋 錆びたナイフ 草笛の丘 ふるさと列車 花笠道中 ラブ・レター 夜霧のデッキ 郭公啼く里 センチメンタル・トーキョー おーい中村君 夜がわらっている 三味線マドロス おさげまどろす 西銀座駅前 夜の酒場  大阪の人 初めての出船 釧路の駅でさようなら
昭和34年 皇太子殿下御成婚 古城 東京ナイトクラブ 山の吊橋 かすりの女と背広の男 お別れ公衆電話 アリューシャン小唄 南国土佐を後にして 北海の終列車 大利根無情 忘れないでね御元気で 浅草姉妹 三味線姉妹 笛吹峠 あれから10年たったかなァ 足摺岬 波止場だよお父つぁん たった一人の人でした あなたが帰る日 蟹工船 好き好き好き ギターを持った渡り鳥 他国の酒場 黄昏のビギン夕焼け地蔵さん 冷たいキッス 誰よりも君を愛す 哀愁のからまつ林 
昭和35年 ローマオリンピック 潮来笠 君は海鳥渡り鳥 達者でナ 月の法善寺横丁 アンコ悲しや 潮来花嫁さん お吉物語 絵はがき 哀愁波止場 白い小指の歌 あれが岬の灯だ 他国の雨 知床旅情 ああ大阪城 霧笛が俺を呼んでいる お百度こいさん 木曽ぶし三度笠 赤い夕日が沈む頃 伊太郎旅唄  おひまなら来てね 東京詩集 東京だより
昭和36年 ソ連世界初の有人宇宙船 王将 ラ・ノビア 下町の太陽 君恋し ラストダンスは私と ソーラン渡り鳥 雨の九段坂 北上夜曲 アカシアの雨が止む時 銀座の恋の物語 惜別の唄 北帰行 武田節 湖愁 恋しているんだもん 襟裳岬(島倉千代子) 刃傷松の廊下 石狩川悲歌 十国峠の白い花 南海の美少年 はたちの詩集 沓掛時次郎 北海道函館本線 長良川旅情 下町坂町泣ける町 川は流れる 硝子のジョニー 背広姿の渡り鳥 傷だらけの人生 上を向いて歩こう 明日があるさ 磯ぶし源太  こんにちは赤ちゃん
昭和37年 ヨットで太平洋横断 いつでも夢を 寒い朝 星屑の町 赤いハンカチ 若いふたり 島育ち さすらい 涙の酒 霧子のタンゴ 江梨子 舞妓はん 中山七里 流れ星だよ ひばりの佐渡情話 恋は神代の昔から 出世街道 なみだ船
昭和38年 ケネディ大統領暗殺 東京ブルース 高校三年生 別れの入場券 島のブルース 長崎の女 ギター仁義 夕陽の丘 南国情話(こまどり姉妹) 男の土俵 エリカの花散るとき 美しい十代 恋のバカンス 星空に両手を 哀愁出船 学園広場 後追い三味線 浪曲子守唄 女心の唄 姿三四郎 涙の敗戦投手 ちぎれ雲 東京五輪音頭 伊豆の踊子 見上げてごらん夜の星を 修学旅行 女侠一代
昭和39年 東京オリンピック 東京の灯よいつまでも 花と竜 おんなの宿 サン・トア・マミー ああ上野駅 大阪ぐらし 忘れな草をあなたに 男の涙(北島三郎) ロザリオの島 青春の城下町 夕日の波止場 アンコ椿は恋の花 赤いブラウス 皆の衆 お座敷小唄 若い港 新妻に捧げる歌 俵星玄蕃 ああ特別攻撃隊 哀愁の駅 柔道一代 ソーラン仁義 涙を抱いた渡り鳥 君だけを 潮来舟 この街を出てゆこう 面 影 浮草三味線 さすらい小鳩 裏町かたぎ 愛と死をみつめて
昭和40年 ベトナム戦争 ふるさとのはなしをしよう 知りたくないの 下町育ち 涙くんさよなら 東京流れ者 涙の連絡船 函館の女 二人の世界  よさこい鴎 君といつまでも 芭蕉布 のれん一代 新聞少年 あの娘たずねて 他人船 大阪の灯 女の意地 王将・夫婦駒 泣かせるぜ 馬鹿っちょ出船 赤い花 さよならはダンスの後に 二十四の瞳  哀愁海峡 帰ろかな ともだち  雪国の町 兄弟仁義 夫婦善哉(春日八郎)  
昭和41年 旅客機事故が相次ぐ 白樺に涙あり 雨の中の二人 骨まで愛して おさらば故郷さん 女ひとり おはなはん 霧の摩周湖 恍惚のブルース 夜霧の慕情 さよなら列車 柳ヶ瀬ブルース ヨイトマケの唄 女のためいき ラブ・ユー東京 悲しい酒 絶唱 大阪夜霧 出世船 ネオン川 僕だけの君 佐久の鯉太郎 旅人よ 若者たち  リンゴの花が咲いていた 大阪ろまん 北国の街 いっぽんどっこの唄 逢えるじゃないかまたあした
昭和42年 ミニの妖精ツイギー来日  小指の想い出 夫婦春秋 小樽の人よ 君こそわが命 会津の小鉄 世界は二人のために この広い野原いっぱい 夜霧よ今夜も有難う ブルー・シャトー あなたのすべてを 真っ赤な太陽 君が好きだよ 銀色の道 博多の女 夕笛 浜木綿の花咲けば ネオン無情 初恋ハーちゃん
昭和43年 三億円事件 ブルーライト・ヨコハマ 君がすべてさ 好きになった人 星影のワルツ 白いブランコ 知りすぎたのね 三百六十五歩のマーチ コモエスタ赤坂 釧路の夜 ゆうべの秘密 芸道一代 愛のさざなみ 思案橋ブルース 夕月 城ヶアブルース 霧にむせぶ夜 加茂川ブルース 銭形平次 新潟ブルース 花と蝶 おさななじみ 長崎ブルース  
昭和44年 人類初の月面着陸 長崎は今日も雨だった 港町ブルース 加賀の人 惚れちゃったんだヨ ああ人生に涙あり ひとり酒場で 池袋の夜 今日でお別れ 真夜中のギター みんな夢の中 港町・涙町・別れ町 君は心の妻だから 夜の銀狐  熱海の夜
昭和45年 日航「よど号」事件 長崎の夜はむらさき 京都慕情 酔いどれ女の流れ歌 おんなの朝 四つのお願い 希望 大阪の女 誰もいない海 ついて来るかい 恋あざみ 逢わずに愛して 
昭和46年 ミスタードーナッツ1号店開店 男はつらいよ わたしの城下町 あなたまかせの夜だから おふくろさん 雨の御堂筋 よこはまたそがれ 初 恋 
昭和47年 連合赤軍浅間山荘事件 イビヨル 女のみち 喝采 おんなの海峡 瀬戸の花嫁 おまえに 宗右衛門町ブルース せんせい あの鐘を鳴らすのはあなた 旅鴉 女のねがい 恋の町札幌 バス・ストップ さそり座の女 能登半島
昭和48年 石油危機 襟裳岬(森進一) ふるさと 五番街のマリーへ アケミという名で十八で 花街の母 なみだ恋 くちなしの花 なみだの操 テントウ虫のサンバ 神田川 あなた 街の灯り サヨナラ横浜 霧の出船
昭和49年 小野田少尉30年ぶりに救出 二人でお酒を 宗谷岬 空港 愛の賛歌 昭和枯れすすき なごり雪 別れの夜明け 色はにほえど そんな夕子にほれました
昭和50年 沖縄海洋博覧会 さだめ川 十九の春(田端義夫) 昔の名前で出ています 中の島ブルース 北の宿から 花から花へと  北へ帰ろう 心のこり 木綿のハンカチーフ 想い出まくら 愛してます(サランヘ) 時 代 石狩挽歌 シクラメンのかほり ふたりの旅路
昭和51年 五つ子誕生 北国の春 千曲川 おゆき 青春時代 人生一路  夕焼け雲 すきま風 大阪ラプソディー 水割り メランコリー   切手のないおくりもの
昭和52年 王貞治、通算本塁打756号を達成 酒と泪と男と女 星降る街角 西海ブルース 津軽海峡冬景色 愛の終着駅 氷雨 ブランデーグラス 終着駅は始発駅 わかれうた 夢先案内人 旅の終わりに 秋桜(コスモス 灯りが欲しい そんな女のひとりごと 
昭和53年 植村直巳、世界初の単独北極点到達 いい日旅立ち 夢追い酒 みちづれ 坊がつる讃歌 釜山港へ帰れ 与 作 青葉城恋唄
昭和54年 カーター大統領が来日 奥飛騨慕情 贈る言葉 おやじの海 人生峠 とまり木 さよなら海峡 夫婦舟 おんなの出船 舟 唄 ラブ・イズ・オーヴァー おまえとふたり 忘れてほしい 新宿・みなと町 おもいで酒 雨の東京
昭和55年 山口百恵、三浦友和挙式 大阪しぐれ 夜の博多は恋の町 乾杯 別れてひとり まわり道 ふたり酒 雨の慕情  風雪ながれ旅 恋人よ みちのくひとり旅 お前に惚れた 別れても好きな人  
昭和56年 ローマ法皇初来日 紬の女 哀愁の高山 大阪ごころ 男の背中 東京みなと 他人酒 浮草ぐらし 望郷酒場 哀しみ本線日本海 ふたりの大阪 夫婦橋 夫婦川 悪女 人生かくれんぼ ふたりぐらし 鳳仙花 女の街角  あなたひとすじ
昭和57年 長崎に集中豪雨  裏町酒場 倖せをありがとう さざんかの宿 矢切の渡し 日本海 北酒場 越前岬 祝い船 大阪ふたりづれ 女のきもち 母の道 夫婦橋 雨に咲く花
昭和58年 三宅島大噴火 裏町ごころ 浅草しぐれ 片恋酒 浪花恋しぐれ 道頓堀川 冬から春へ 人生 兄弟船 越冬つばめ 細雪 たまゆらの宿 恋吹雪 人生吹きだまり 六本木ララバイ 女の港 下北漁港 だんな様 酒とふたりづれ お久しぶりね
昭和59年 ロサンジェルス・オリンピック 娘よ 浪花節だよ人生は 伊豆の雨 夫婦坂 つぐない 長良川艶歌 渡り鳥仁義 博多の灯り まつり 男の一生
昭和60年 日航ジャンボ機が墜落 波止場しぐれ 男の港 龍馬残影 昭和流れうた 野風増 浮草情話 ふたり坂 海の祈り 男詩
昭和61年 チェルノブイリ原発事故 愛燦燦 木曽路の女 道頓堀人情 箱根のおんな 美幌峠 雪国 時の流れに身をまかせ 北の漁場 天城越え スキャンダル 津軽平野 命くれない 夫婦善哉 浪花盃 くちべに挽歌 雨の港 豊予海峡 
昭和62年 国鉄民営化JRスタート 筑後川 みだれ髪 雪椿 北の旅人 塩屋岬 人生いろいろ わが人生に悔いなし 浪花の夢 好きなのさ 不如帰  大阪つばめ  女の駅 
昭和63年 瀬戸大橋が開通 王将一代小春しぐれ 豊後水道 とんぼ 酒よ あじさい情話 筑豊一代 がまん坂 女の一生 
昭和64年 美空ひばり死去 川の流れのように 河内おとこ節 風の盆 音無川
年代不詳 軍隊のぞき節 蒙古放浪歌